自由が丘の賃貸の構造種

自由が丘で賃貸物件を借りるときには、その建物の構造種(木造・鉄筋コンクリートなど)も視野にいれて探した方がよいです。

日本で最も主流になっている木造住宅は、主要の構造部に木を使用しています。

梁にはマツ、柱には杉やヒノキ、土台はヒノキやヒバなどが使われていることが多いです。

よく地震などで倒壊しているのは木造が多いので弱い印象がありますが、それは老朽化していたためです。

本来は、他の構造よりも軽く地震によって生じる力は小さいです。

PC造とは、鉄筋コンクリートのことで、主要部分に入った住宅のことです。

一戸建てよりもマンションやビルなどで多く見られて、強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせているので、大変高い耐久性があります。

また、耐震性にも優れていて隙間がないので断熱性や気密性も高く、燃えにくい上に遮音性も高いです。

他には、構造部に鉄骨を利用した鉄骨造りもあります。

これは、使用される鉄骨の種類によって重要鉄骨造と軽量鉄骨造りに分かれて、重量鉄骨造は頑丈で柱の本数が少ないので設計の自由があり、耐用年数も長いです。

また、軽量鉄骨造は、軽量形網と呼ばれる鋼材で骨組みをくみ上げて、設計の自由度も高く、燃えにくく強度が高く、大きな力が加わっても折れないで変形するだけですみます。