自由が丘のゆるキャラ、ホイップるん

現在、全国を巻き込んでご当地キャラクターブームが巻き起こっていることは皆さんご承知だと思います。

そんな中でもよく注目されるのは、県ごとのキャラクターですが、地域ごとにもキャラクターがいることを認知されているかたは多くありません。

今回は、自由が丘駅のご当地キャラクター、ホイップるんについて紹介させていただきます。

ホイップクリームをイメージした、水滴のような形の顔が特徴で、もともとは頭に赤い花を飾っている女の子バージョンです。

しかし、女の子バージョンが誕生して1年後、青い帽子を頭に載せた男の子バージョンが登場しました、二人とも、エコに関する活動をする際には緑の双葉を飾ることもあります。

ちなみに男の子バージョンが登場した後は、女の子バージョンをホイップるんちゃん、男の子バージョンをホイップるんくんと呼んで区別するようになりました。

二人とも目黒区の特別住民票があり、生年月日は10月1日で、年齢は不明となっています。

しかし、住民となった日はホイップるんちゃんが平成19年10月1日、ホイップるんくんは平成20年10月1日と判明しています。

まだまだゆるキャラブームは終わりませんね。